2018年12月03日

エソテリック・ヒーリング1

INEH認定の足掛け2年のエソテリック・ヒーリングの講習を無事終了しました。

1997年アロマテラピーのトリートメントに始まり、リンパドレナージュ(MLD)、ロルフィングと
ずーっとボディーワークに関わって来ました。
直接身体に触って、体から体と心にアプローチする方法を取って来たのですが、20年目にして
見えない”エネルギー”にアプローチする気持ちが湧いて来ました。
これまでは、見えない物が『ある』とは思うけど、自分がそれに携わって、尚且つセッションできる
気がしなかったんです。

エネルギーワークに携わっている知り合いは意外と多く、
「クレヤボヤント(透視リーディング)」や「ハンズオンヒーリング(体にタッチしてヒーリングする)」など
エネルギーヒーリングにも色々なタイプがあります。
なぜエソテリック・ヒーリングを選んだのか・・・
ロルファーの大先輩がオーガナイザーだから?
アロマセラピスト仲間がすでに受講していたから?
色々理由は思いつきますが、エネルギーを学びたいと思った時に、目の前に現れたのが
エソテリック・ヒーリングで、流れがそうなっていたというのが実際のところです。
(あんまり葛藤することなく、学び始められたと思います。)

エソテリックヒーリングのセッションは、着衣のまま横になってもらうだけです。
動いて貰ったり、私がタッチしたりしません。
時間にすると30〜40分。『何をしたの?』という感想を持たれるかもしれません。
感覚が敏感な人は、体の部位にピリピリしたり、動いたり、色や光が見えたりすることもあります。

では私は何をしているんでしょう?

人は皆んなこの人生を、「魂の計画」に沿って生きています。
計画から道を外れてしまうこともあります。
(遠回りをしてしまうという意味で、全然違う道に行くことはないんですが・・)
エソテリック・ヒーリングは、ご自分の「魂」と繋がる手助けをします。
それによって、この人生がより生きやすくなります。(という考え方です。)

私自身もこの2年間、クラスを通してヒーリングを受け続けて来たのですが。
人生のステージが変わった感じがあります。
今まで自分の中で大事だったこと(執着していたこと)が、それほど大事でなくなって
肩の力を抜いて、自分を楽にする事が出来るようになりました。
自分を俯瞰して見られるようになったというか・・・

百聞は一見にしかず、是非一度ヒーリングを受けてみてください。

アロマプラスでは、顧客の方にエソテリック・ヒーリングを初回無料で受けて頂けます。
2019年1月11日(金)からのご予約をお受けしています。
ご興味のある方はどうぞご連絡ください。

(注)銀座天クリニックでのセッションをお希望の場合、場所代として¥2500をご負担ください。
飯田橋店でのセッションは無料で受けていただけます。


*INEHとエソテリックヒーリングの詳細についてはこちらのHPをご覧ください。
エソテリック・ヒーリングとは
posted by 貞吉 at 19:29| Comment(0) | エソテリック・ヒーリング

2017年09月22日

更年期の不調をやりすごす(1)

時々膝がきしむような・・
朝起きた時に手の指がこわばっているような・・・
そうですよね。そんな年齢です。
私も「更年期」に突入したもようです。
これは誰でも通り過ぎる、体がいままでと違うリズムで動く様になる為の準備期間と考えて、あまり深刻になりすぎず、やりすごせたらという気持ちをベースに、右往左往いろいろ試してみる事にします。

まずは膝痛について、良く耳にする”グリコサミン”を日本に紹介され、
南新宿整形外科リハビリテーションクリニック委員長で医学博士 
橋本三四郎さんの著書
ひざに「!」をかんじたら読む本 を読んでみたので、簡単に要約させて貰います。

この本は、膝の痛みで最も多い原因の「変形性膝関節症」についての対処法について書かれています。
手術は一番最後の手段と考えていて、その前段階の状態で改善する方法として、まずはマッケンジー体操をそしてグリコサミンコンドロイチンの摂取を薦めています。
まず自力で対応するというのは私の望みとも合致するので(自分でもやれるかもと)期待感高まります。

マッケンジー体操は、腰や膝の屈曲と伸展の動きをして貰い、痛みが軽減する動きを見つけて、一日に数回その動きをするという方法です。
膝の屈曲が痛み軽減の動きだったら、その動きを1セット10回を5〜6セット行います。
なかなかの忙しさかもしれませんが、動きが簡単なので、ちょちょっと出来るかも。
初期の膝痛の人であれば、7割の人に効果があるという統計があるそうです。

毎日テレビCMで耳にする”グリコサミン”と”コンドロイチン”そもそも何でどんな効果があるんでしょう。

膝関節の軟骨が簡単に裂けたり砕けたりしない為には、
プロテオグリガンという成分が水分を保持して組織に潤いを
またコラーゲン線維に絡み付いて関節の弾力を保つ必要があります。
グリコサミンはそのプロテオグリガンを造る素になります。
プロテオグリガンは膝関節だけでなく、血管・骨・皮膚にもありますので増える事に寄って、膝痛改善だけでなく美肌などの効果も期待出来るのは嬉しいですね。

コンドロイチンプロテオグリガンの中に含まれる成分で、やはり膝関節の水分を保つのを助け、軟骨分解する酵素を阻害して
プロテオグリガン・コラーゲンの生成を促します。
それ以外にもカルシウム代謝や血中コレステロール除去などの、熟年世代には嬉しい効果ばかりです。

どちらも良い事山盛りですが、副作用が気になるところですが、それぞれの原材料は
グリコサミンは、蟹や海老の甲殻類から、コンドロイチンは、スジ肉、納豆、山芋、オクラ、海藻、スッポン、サメ軟骨が材料となる事から、ほとんど副作用はありません。
甲殻類アレルギーがある人は、微生物由来のグリコサミンを選ぶと良い様です。

1日の摂取量の目安ですが、グリコサミンが1500mg/日、コンドロイチン1200mg/日が効果が出る最低ラインの。
期間としては3ヶ月続けた頃から効果がはっきりしてくるそうです。
そしてこの2つ、一緒に摂取すると相乗効果を期待出来ます。

副作用も無いようだし、飲みたくなってきました。
良質のサプリメントを探して、まずは3ヶ月試してみようかな〜。

*その後、内科の医者さんと話したら、グルコサミンの医学的エビデンスは無い!?らしいのです。
 そうなの〜??






posted by 貞吉 at 11:18| Comment(0) | 更年期

2016年08月16日

Body・Mind・Spirit 3


これはSpritの完全な形を目撃した時の話です。

トレーニングの最後のユニット、ユニット3はブラジルの
バラドサヒーという、サンパウロから車で2時間程の、
ポストも郵便局もATMも無い、ビーチの町で
開催されました。

トレーニングはエネルギーの消耗が激しいので、
ランチ以外にも午前・午後と各1回ティータイムがあり、
おやつや飲み物などが沢山用意されていました。

バラドサヒーのビーチにはウミガメが産卵に来たり、
サラサラの砂にブルーのパラソルが並ぶ本当に美しい場所でした。
そこに行った時に、お腹がえぐれたガリガリの犬を見つけたのです。
可哀想に思い、ティータイムの食べ物を少し持ち出し(ハイジか〜〜)
ビーチに持っていてあげたところ。
その犬は、食べ物の匂いを嗅いだけれどすっと走り去って、
波打ち際で波と戯れて飛び上がったりし始めたのです。

その時の、犬のSpiritはキラキラ輝いていました。

何故か「負けた。」と強く思い、とぼとぼとクラスに戻ったのです。
(お菓子を握りしめながら・・)

辛かったり、苦しかったり、お腹が空いている時に、
この犬の様にSpiritをキラキラ輝かせる事が出来るのか!!

自分の中の子供をキラキラ輝かせてこその、幸せな人生です。



posted by 貞吉 at 13:47| Comment(0) | ロルフィング