2015年09月29日

外が変ると中も変る

世間一般には、内側から良くしようという考えがありますが
ロルフィングではまず構造=外側を整えます。
するとあら不思議、内側も変って来るのです。

体の内側の内蔵や血管・神経などは
体という容器に合わせて状態(形)を変えます。

実は私は数年前に始めて医師から
心臓が右側にありますね。」と診断されてびっくり。
(通常の心臓は少し左側に寄って位置しています。)

そんな事言われた事ないし、これは体の歪みが原因に
違いないと考えて、自分の体にもロルフィングを
続けてきました。

そうしたら昨年の健康診断では
「側湾が改善されて心臓の位置が戻って来てるよ。」
との事。
やぱりね。

先生が2016年と2017年のレントゲンを貸して
くれたので、写真を写してみました。

外側が変ると内側も変るんです!!

肺の写真
posted by 貞吉 at 23:42| Comment(0) | ロルフィング

2015年09月21日

ロルフィングを一言で説明すると。

ロルフィングは習い事です。
バイオリン・バレエ・歌・を習って上達するように
体を使って体の使い方を何度も繰り返して習うのです。

なので10セッション受けて頂くのです。
(勿論強制ではありません。)
10回なんて、少ない位です。
お客さんも「身につけてやる!」という気持ちで、ご来店下さい。

他の療法と違うのはそこです。
ご自分で体の使い方を身につけるのです。
ロルファーはそれをお手伝いします。
そのレシピ(処方)を知っています。

ロルフィングは道(どう)です。
(*専門の学問・技芸・運動などの世界、その修行過程(広辞苑参照))
からだ道なのです。

人間はからだひとつで産まれて来ました。
富や名声と違い、産まれてから死ぬまで
誰もが持っている財産なのです。
そのからだを最高の状態で使える様にするのが、ロルフィングです。

目に見えないけれど「こころ」や「気」があるのは皆んな分かっています。
そのこころが入っている、
気が通っている、
入れ物がからだです。
そのからだを良く知る=自分を知る道なのです。

posted by 貞吉 at 12:51| Comment(0) | ロルフィング

2015年09月14日

筋膜について〜筋肉痛解消の立役者〜

ロルフィングは、『筋膜を調整して体の歪みを解消するボディーワーク』ですが
筋膜という言葉が聞き慣れないものなので、なかなか上手く伝えられずにいました。

ところが最近は医学界でも注目が高まっている様で、筋膜
NHKの「ためしてガッテン」で取り上げられたのです!!

ロルフィングのセッションは、歪みの原因となっている筋膜をリリースします。
体に直接触れますが、マッサージではないので、揉んだり押したりしないで
筋膜を意識してリリースします。見ていたら「何しているの?地味〜」と
感じるかもしれません。
【ためしてガッテン放映17分位のところで、その様子が見れます。】

ロルフィングの凄いところは、筋膜をリリース出来るだけでなくって
セッションの中に「筋膜を縮める様な、日常の癖を手放す=脳の再教育」も組み込まれているんです。

番組内で医学生が筋膜の事を「邪魔者」と言っていたのは、心外でした。
ロルフィングでは筋膜は「姿勢を保持する器官」と言われていて、
骨と筋肉だけだったら、人間はちゃんと立っていられないんですよ。

少しでも「良さそう」とぴぴっと感じたら、
どうぞ一度、アロマプラスでロルフィングをお試しになって下さい。
ためしてガッテン(筋膜編)


posted by 貞吉 at 10:29| Comment(0) | ロルフィング