2016年08月12日

Body・Mind・Spirit 1


そろそろ「自己愛が足りない」と言われた事について、
ロルフィングを学んで来た過程で気がついた事や
自分なりの解釈をお話ししてみたいと思います。

ロルフィングのトレーニングを終えてロルファーになっても、
学びは続きます。(どの療法・学びでもそうですよね。)
2013年にバリ島で開催された、
ロルフィングのトレーニング(ユニット3)の
インストラクターはブラジル人のハケル・モッタ氏。
私のトレーニング(ユニット1)の時のインストラクターでもあり、
ロルフィングのベースを作ってくれた人です。
トレーニング全体は10週間で、
最初の2週間に聴講生として参加させて貰いました。

ユニット1・2・3とどのトレーニングも毎朝クラスの一番最初には
「check in(チェック・イン)」をします。
前日のクラスで感じた事、
クラスの中で行ったワークで自分の身体に起きた事(EMBODYMENTやSENSATION)について、
話したり質問したりをクラス全体でシェアする時間の事です。

バリでも毎朝チェックインが行われましたが、
もう少し「瞑想」の要素を取り入れた時間でした。
(先生それぞれのスタイルで少しづつ違っています)
クラスの皆で思い思いに楽な姿勢で座ります。

クラスからは外の中庭が良く見えて、
南国の日差しや植物が眩しくキラキラと輝いて見えていました。

ハケルの言葉掛けで、ゆっくり目を開けて、又閉じて、
を繰り返している時に
自分の中に、2つの感覚が同時に起こるのを感じたのです。

1つは、「あ〜やっぱり、バリの自然は綺麗で素晴らしいな。」と感じ
もう1つは、「怖い!」と感じて私の身体の中を後ずさりして、
壁(背中)までぴったりと後退したのです。

それが、巷で言われている、「Body・Mind・Spirit」を
実際に自分の中に感じた瞬間だったのです。

それまでは、この3つ、Bodyは分かるけど、
自分の中でMindとSpiritの区別が
分かっていませんでした。
(自分の中でEMBODYMENTの経験がなかったのです)

綺麗〜と感じたのは、私の中のMind
怖い!と感じたのは、私の中のSpirit

posted by 貞吉 at 18:58| Comment(0) | ロルフィング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: