2014年04月23日

ブルーライトと健康の関係

もし肥満や高血圧が良くなって、癌へのリスクが部屋の照明を
変えるだけで下がるとしたらどうしますか?

人間も自然の一部です。サーカディアンリズム(24時間体内時計)で
体の機能をコントロールしています。
そのリズムは太陽の光をあびる事で調整・修正出来ます。

客室乗務員や夜勤の仕事で夜起きている女性の
乳がんのリスクは30%高くなという報告が
2012年国際がんジャーナルで報告されています。

2009年「Nature Medicine」に、サーカディアンリズムを
働かなく遺伝子操作したマウスは通常のマウスより
塩分を与えると高血圧になりやすいことが発見・発表されています。

2010年米国オハイオ州立大学の研究グループが
「米国科学アカデミー紀要」で夜明るい環境で
過ごすと太りやすくなるという研究結果を発表しています。

ブルーライトは太陽はもとより、LED電球・スマホ・ゲーム機
PC・液晶TVから発せられています。

最近はどこもかしこもまぶしい!!のです。
夜なのに、太陽と体が間違える程、光をあびています。

LEDが発明されて、電気代がお得になるという事で
お部屋の電球をLEDに取り替えた人も多いでしょう。
(私もそのひとりです。)

寝る前にベットでスマホでメールチェックしてから
寝るのを習慣にしていませんか。

真っ暗にすると寝れなくて、小さな電気を付けて
寝ていませんか。

うつの治療法で日中にブルーライトをあびるというのも
あるようです。

一概に悪いものではありませんが、
日が暮れた後は、部屋もあまり明るくしないで
神経が休まる間接照明を使って、
寝る2時間前はスマホもPCもテレビも
見ないで、サーカディアンリズムを
取り戻して、元気になりましょう。

こちらの本の著者の方は眼科医であり
アンチエイジングのスペシャリストです。
夜ねる前のメールチェックを止めて
照明を変えただけで、「夜間高血圧」が
改善したそうです。

私も部屋の照明を間接照明に変えて
寝室は真っ暗にして寝る様にしたら
朝の目覚めが快適になりました。

*参照図書
「ブルーライト体内時計への脅威」
坪田一男 著 集英社新書



posted by 貞吉 at 08:53| Comment(0) | 健康アイディア

2013年12月12日

毒素排出

毒素排出というと大袈裟かもしれませんが、お酒を飲んでしまった次の日や
風邪を引きそうなときは、なんだか体に毒素が溜っているような気がしてしまいます。

弱った腸壁から体内に戻ってしまった毒素がアトピーや花粉症の原因とも言われています。
沈黙の臓器と呼ばれる「肝臓」が毒素を分解して体内に排出してくれます。
そんな肝臓の働きを助けてくれるのが「レモン」です。

右の腰が痛くなったり(←肝臓が疲れているとなったりします)、
お酒を沢山飲んだ次の日、薬やビタミン剤を沢山摂っている場合(←肝臓に負担がかかるんです。)
ミネラルウォーターにレモンを絞っていれたものを沢山
摂ってみて下さい。

香りが良いので、気分がすっきりするのはもちろんの事
解毒を助けてくれますので、いつもより早く浮腫や重だるい感じが
無くなると思います。


posted by 貞吉 at 01:04| Comment(0) | 健康アイディア

2013年12月08日

簡単ダイエット体操!

いかに簡単に無理せずにダイエットするか、女性だけでなくメタボ男性の夢でもあります。
そこで私かんがえました。
赤色脂肪細胞(褐色脂肪細胞とも言う)っていう代謝を高める細胞があるの知っていますか?
肩甲骨の間などにあるのですが、大人になると減ってしまったり、
ほとんど無い人もいるようなのです。
この”簡単・無料・どこでも”体操はその細胞を活性化させ代謝を高めて「痩せよう」というものです。

体操は簡単、食事前や後にほんの30回ほどやるだけです。

1)両腕をひじのところで曲げ、ひじは脇に軽くそえます。
 (前から見るとWのような形になっています。)
2)両肘が背中の真ん中で付くような気持ちで引き寄せます。
 (実際はつかにので無理しないでください。)
3)回数は肩甲骨間が温かくなったらOKです。

これで食事後の代謝はOK!(のはずです。)

posted by 貞吉 at 13:22| Comment(0) | 健康アイディア