2016年08月16日

Body・Mind・Spirit 3


これはSpritの完全な形を目撃した時の話です。

トレーニングの最後のユニット、ユニット3はブラジルの
バラドサヒーという、サンパウロから車で2時間程の、
ポストも郵便局もATMも無い、ビーチの町で
開催されました。

トレーニングはエネルギーの消耗が激しいので、
ランチ以外にも午前・午後と各1回ティータイムがあり、
おやつや飲み物などが沢山用意されていました。

バラドサヒーのビーチにはウミガメが産卵に来たり、
サラサラの砂にブルーのパラソルが並ぶ本当に美しい場所でした。
そこに行った時に、お腹がえぐれたガリガリの犬を見つけたのです。
可哀想に思い、ティータイムの食べ物を少し持ち出し(ハイジか〜〜)
ビーチに持っていてあげたところ。
その犬は、食べ物の匂いを嗅いだけれどすっと走り去って、
波打ち際で波と戯れて飛び上がったりし始めたのです。

その時の、犬のSpiritはキラキラ輝いていました。

何故か「負けた。」と強く思い、とぼとぼとクラスに戻ったのです。
(お菓子を握りしめながら・・)

辛かったり、苦しかったり、お腹が空いている時に、
この犬の様にSpiritをキラキラ輝かせる事が出来るのか!!

自分の中の子供をキラキラ輝かせてこその、幸せな人生です。



posted by 貞吉 at 13:47| Comment(0) | ロルフィング

2016年08月14日

Body・Mind・Spirit 2


私の中にある、Body・Mind・Spirit。
ちゃんと3つあって、バランス取ってるんですね。
健康はこの3つのバランスが取れた事をいうと思っています。

Mindは、自分の中のお母さんみたいな存在。
常識とか知識、そして「〜しなきゃ」という考えが
とっても強く影響しています。

それに対して、Spiritは、自分の中の一番ピュアな部分。
子供の様な心です。
常識や知識や経験ではなくって、
「〜したい」という本能に従った要求です。
好き・嫌い・怖い・楽しいなど、人間の基本の感情がそれです。

一番最初にお話しした「自己愛が足りない」というのは、
このお母さん子供を例に使って説明すると、
お母さんがいつも常識を持ち出して
自分の子供の要求を全然聞いていない状態の事を
指すのではないでしょうか。

現代社会に生活、まして都会に生活してると、
ほとんどの人がこの「自己愛足りない」状態だと思います。
あなたもですよ。きっと。

子育てはしたことないけど、いつも子供の要求を聞く
訳にはいきませんよね。
だけど完全に無視はいけません。

それと同じです。身体と心を壊す前に、自分のSpiritに耳を傾けて、
その要求に気がついているよと伝えて
時々は要求を実行しないといけません。

ロルフィングを受けるという事は、
Body・Mind・Spiritを感じる助けになると思っています。
(自分がそうだったから、経験からのお薦めです。)


posted by 貞吉 at 18:33| Comment(0) | ロルフィング

2016年08月12日

Body・Mind・Spirit 1


そろそろ「自己愛が足りない」と言われた事について、
ロルフィングを学んで来た過程で気がついた事や
自分なりの解釈をお話ししてみたいと思います。

ロルフィングのトレーニングを終えてロルファーになっても、
学びは続きます。(どの療法・学びでもそうですよね。)
2013年にバリ島で開催された、
ロルフィングのトレーニング(ユニット3)の
インストラクターはブラジル人のハケル・モッタ氏。
私のトレーニング(ユニット1)の時のインストラクターでもあり、
ロルフィングのベースを作ってくれた人です。
トレーニング全体は10週間で、
最初の2週間に聴講生として参加させて貰いました。

ユニット1・2・3とどのトレーニングも毎朝クラスの一番最初には
「check in(チェック・イン)」をします。
前日のクラスで感じた事、
クラスの中で行ったワークで自分の身体に起きた事(EMBODYMENTやSENSATION)について、
話したり質問したりをクラス全体でシェアする時間の事です。

バリでも毎朝チェックインが行われましたが、
もう少し「瞑想」の要素を取り入れた時間でした。
(先生それぞれのスタイルで少しづつ違っています)
クラスの皆で思い思いに楽な姿勢で座ります。

クラスからは外の中庭が良く見えて、
南国の日差しや植物が眩しくキラキラと輝いて見えていました。

ハケルの言葉掛けで、ゆっくり目を開けて、又閉じて、
を繰り返している時に
自分の中に、2つの感覚が同時に起こるのを感じたのです。

1つは、「あ〜やっぱり、バリの自然は綺麗で素晴らしいな。」と感じ
もう1つは、「怖い!」と感じて私の身体の中を後ずさりして、
壁(背中)までぴったりと後退したのです。

それが、巷で言われている、「Body・Mind・Spirit」を
実際に自分の中に感じた瞬間だったのです。

それまでは、この3つ、Bodyは分かるけど、
自分の中でMindとSpiritの区別が
分かっていませんでした。
(自分の中でEMBODYMENTの経験がなかったのです)

綺麗〜と感じたのは、私の中のMind
怖い!と感じたのは、私の中のSpirit

posted by 貞吉 at 18:58| Comment(0) | ロルフィング